仕事でパソコンを使うなら知っておきたい!目疲れ対策

Tag:

OZP85_gannkyuuhirou500
毎日、パソコンやスマホを長時間利用していて、目の疲れを感じている人が多いのではないでしょうか?目疲れを放置しておくとイライラして集中力が下がり作業効率が落ちます。また、様々な病気にも繋がります。

そこで、私がしている目疲れ対策を紹介しますので是非試してみてください!

目疲れ ~予防~

ブルーライトをカットするメガネを利用する。

パソコンからはブルーライトが発行されており、目に悪い影響を与えていると言われています。そこで最近では、このブルーライトをカットするメガネが販売されています。

私は「JINS PC」を使っています。「JINS PC」にはレンズに色のついたものと、クリアレンズの2種類があります。色のついたレンズの方がカット率が高いのですが、あまり色がついているのが好きではないのでクリアレンズを使ってます。クリアレンズだと普通のメガネのレンズと見た目が変わりなく利用できます。

パソコンの照明、位置を調整する。

部屋の明るさよりも、画面の方が明るいと目に負担がかかります。また、パソコンの周辺に照明や窓など光って見えるものがある場合も目に負担がかかります。

なので、「パソコン」と「周辺の明るさ」の差を小さくするように照明を調整します。また、光が入り込まない位置にパソコンを配置します。

姿勢を正す。

前かがみにならないように気を付けてます。前かがみになると肩・首などにとても負担となり目の血行が悪くなります。

サプリメントを飲む。

私は、「DHC ブルーベリーエキス」を愛用しています。ブルーベリーに含まれるアントシアンが、目疲れの予防や、解消をしてくれるそうです。安いし、お手軽な予防法だと思います。

目疲れ ~解消グッズ~

目の疲れた状態で寝ると翌日の目覚めが悪いです。なので、次に紹介するグッズを寝る前に毎日使い、目疲れを解消しています。

「あずきのチカラ 目もと用」

あずきの入ったアイマスクを電子レンジで加熱(500Wなら40秒)するだけで利用できます。あずきを温めることで天然蒸気が発せられ、温熱が目の奥まで温めてほぐしていきます。この商品の魅力はなんといっても「安くて繰り返し使える」という点でしょうね。5分間程度のせたあと、すっきりした感じがあります。

「Panasonic 目もとエステ」

電子レンジが使えないときや、もみほぐして疲れを解消したいときに利用してます。充電式で利用する商品で、もみほぐす際のリズムは弱めのリズムと強めのリズムの2種類があります。どちらも約12分で自動停止します。しっかりもみほぐしたい場合、強めのリズムで利用します。

スポンサーリンク