独特の雰囲気!椎名林檎&東京事変のおすすめ曲

Tag:

曲の世界に合わせて、様々な雰囲気を演出する椎名林檎。ドスのきいた声や、テンションの高い声など魅力的で好きです。ここでは、そんな椎名林檎と東京事変のおすすめ曲を紹介します。

まずは王道

ギブス

椎名林檎 2000年

サビ前のギターの「キュイーン」ってところがかっこいい!「もっと、もっと、もおっとぉおぉおぉ~」ってとこも好きです。

月に負け犬

椎名林檎 2000年

1:50~2:02あたりのベースラインと歌が良いですね。

狂気さが溢れる曲

警告

椎名林檎 1999年

2:40あたりからのワウを使ったギターソロが好きです。

アイデンティティ

椎名林檎 2000年

テンションマックス!

罪と罰

椎名林檎 2000年

出だしの歌から曲の世界に一気に引き込まれます。

リズムが気持ちよく、元気になる曲

群青日和

東京事変 2004年

1:37~あたりからの歪みまくりのギターソロが気持ちいい。

透明人間

東京事変 2006年

タッチが軽く、上品です。

キラーチューン

東京事変 2007年

ゆったりしたり、激しくなったりして引き込まれます。1:12~1:40あたりのバンド演奏が好きです。

閃光少女

東京事変 2010年

軽快なリズム!

しっとりとした曲

スーパースター

東京事変 2006年

しっとりですが、パワーのある曲です。

私生活

東京事変 2007年

哀愁ただよいます。

ライブ映像

椎名林檎

東京事変

椎名林檎&東京事変

スポンサーリンク