アナ雪の音楽が好きな人におすすめ!「Wicked」サウンドトラック

Tag:

2014年に大ヒットした「アナと雪の女王」。映画で流れた音楽の素晴らしさに魅了されて、鑑賞後にCDを購入した人も多いかと思います。

そんな人におすすめなのが「Wicked(ウィキッド)」のサウンドトラックです。アナ雪同様に、ポップでミュージカルな音楽を楽しめます。

Wickedとは

知っているかたも多いかと思いますが、アメリカのブロードウェイで公演されているミュージカルです。日本でも劇団四季で公演されていますね。

ストーリーは、「オズの魔法使い」につながる裏話的な内容で構成されています。

「良い魔女のグリンダ」と「悪い魔女のエルファバ」。なぜエルファバは悪い魔女と呼ばれるようになったのかが解き明かされます。

もちろん、「オズの魔法使い」のストーリーを知らなくてもWickedは楽しめますよ。

サウンドトラック

私は、劇団四季のWickedを鑑賞したことがあるのですが、ミュージカル内の歌にとても魅了され、鑑賞後にサウンドトラックを購入しました。いまでも聴くことがよくあります。

サウンドトラックはブロードウェイ版と劇団四季版があります。


ブロードウェイ版では「アナと雪の女王」でエルサ役の声優を担当したidina Menzelが、Wickedの主役であるエルファバを担当しています。アナ雪の「Let It Go」でもそうですが、彼女の歌は力強く引き込まれます。

ミュージカルをまだ見てない方でしたら、先にミュージカルを見た方がより楽しめるかと思います。

おすすめ曲

最後に、Wickedサウンドトラックのおすすめ曲を紹介します。

Popular

エルファバを人気者にしようとグリンダがおせっかいをやくシーンです。笑えて可愛いらしい歌です。

One Short Day

オズの国の都「エメラルドシティ」に来たエルファバとグリンダのワクワク感が伝わってきます。明るく、元気な気分になる曲です。

Defying Gravity

CMなどで聴いたことがあるかもしれません。Wickedといえばこの曲が一番有名かと思います。力強い歌声で、曲の最後は鳥肌ものです。

For Good

美しいバラードです。エルファバの力強い低音とグリンダのキレイな高音のハーモニーに癒されます。

スポンサーリンク