Excel操作を効率化!便利なショートカットキー一覧

Tag:

Excelを利用するうえで、ぜひ覚えてもらいたいショートカットキーの一覧です。
一部のショートカットキーについては、利用例も動画で紹介しています。

日々のExcel作業でショートカットキーを利用して作業の効率化を目指してみてください!

基本操作

 
Key 概要
Ctrl + N 新規作成
Ctrl + S 上書き保存
Ctrl + X 切り取り
Ctrl + C コピー
Ctrl + V 貼り付け
Ctrl + P 印刷画面を表示
Ctrl + Z 元に戻す
F4 直前のコマンドまたは操作を繰り返す

F4はあまりよく知られてないと思うので、動作確認用の動画を載せます。
次の動画では、F4を利用してセルの結合を繰り返し行っています。

選択

 
Key 概要
Ctrl + A 表全体を選択
Ctrl + Shift + 方向キー データがある末尾まで選択
Ctrl + Shift + [ 参照元のトレース
Ctrl + Shift + ] 参照先のトレース
Ctrl + G [ジャンプ]ダイアログボックスを表示

次の動画で、選択関連のショートカットキーの動作を確認してみてください。

移動

 
Key 概要
Tab 右のセルに移動
Shift + Tab 左のセルに移動
Enter 下のセルに移動
Shift + Enter 上のセルに移動
Ctrl + 方向キー データが入力されているセルまで移動
Shift + PgDn 下にスクロール
Shift + PgUp 上にスクロール
Shift + Alt + PgDn 右にスクロール
Shift + Alt + PgUp 左にスクロール

次の動画で、移動関連のショートカットキーの動作を確認してみてください。

編集

 
Key 概要
F2 セルを編集モードにする
Esc 入力取りやめ
Ctrl + Enter 複数セルに同時入力

1つのセルの入力を確定したい場合にも利用することがあります。『Enter』だと入力後、下のセルに移動します。続けて書式を直す場合、上のセルに移動する操作が必要です。対して『Ctrl + Enter』だと入力確定後にセル移動しません。そのため続けて書式変更などしやすいです。

Ctrl + ; 現在の日付を入力
Ctrl + : 現在の時刻を入力

次の動画で、編集関連のショートカットキーの動作を確認してみてください。

ダイアログボックス表示

 
Key 概要
Ctrl + Shift + + [セルの挿入]ダイアログボックスを表示

Excel_key1

Ctrl + – [削除]ダイアログボックスを表示

Excel_key2

Ctrl + F [検索と置換]ダイアログボックスを表示([検索]タブがアクティブ)

Excel_key3

Ctrl + H [検索と置換]ダイアログボックスを表示([置換]タブがアクティブ)

Excel_key4

Ctrl + 1 [セルの書式設定]ダイアログボックスを表示

Excel_key5

応用

複数の空欄セルに対して、上の行にあるセル内容を一括して埋め込む方法です。

スポンサーリンク