AddQuicktagで記事作成の手間を削減

Tag:

AddQuicktagは、あらかじめオリジナルのHTMLタグを登録しておくことで、記事作成時に簡単に呼び出すことができるプラグインです。

よく使うタグを雛形として登録しておけば、記事作成の手間を大幅に削減できます。

↓AddQuicktagを利用していない状態。
addquicktag1

↓AddQuicktagを利用するとオリジナルのボタンを追加できます。
addquicktag2

インストール

管理画面にてAddQuicktagをインストールします。
addquicktag0

カスタム投稿の記事で利用する場合

AddQuicktagは、初期状態だとカスタム投稿で利用できません。

カスタム投稿でも利用したい場合、「functions.php」内にて、カスタム投稿を追加するように処理を記述する必要があります。

カスタム投稿を1つ追加する場合

add_filter('addquicktag_post_types', 'addquicktag_add_posttypes');
function addquicktag_add_posttypes($post_types){
    $post_types[] = '追加したいカスタム投稿タイプ';
    return $post_types;
}

カスタム投稿を2つ以上追加する場合

add_filter('addquicktag_post_types', 'addquicktag_add_posttypes');
function addquicktag_add_posttypes($post_types){
    array_push($post_types, "追加したいカスタム投稿タイプ1", "投追加したいカスタム投稿タイプ2");
    return $post_types;
}

オリジナルタグを登録

AddQuicktagのインストール・有効化を済ませたら、[設定]-[AddQuicktag]にてオリジナルタグを登録します。

addquicktag3

最低限設定が必要なのは、「ラベル名」、「開始タグ」です。定型文を挿入したい場合は、この2つで十分です。

「終了タグ」も設定すると下記のように、文字を選択した状態でボタンを押すと開始、終了の両端にタグが付けられます。
addquicktag4

addquicktag5

右側のチェックボックスですが、設定したオリジナルタグを表示させたい投稿タイプにチェックをつけます。設定が完了したら保存をクリックします。すると、記事作成画面にてオリジナルタグを呼び出すボタンが表示されるようになります。

スポンサーリンク