Windows上にAnsible実験環境構築

Tag:

Windows上にAnsibleの実験環境を作ります。

Ansibleの管理ホストはLinux、Macしか対応してないようです。そこで、Vagrantでゲストマシンを2台立ち上げて、片方をAnsible実行サーバーとして利用します。
ansible_install1
「server1」にAnsibleをインストールします。

以下、作業手順です。

1. VagrantでCentOS7を立ち上げ

Vagrantfileを次のように記述します。

Vagrant.configure(2) do |config|
  config.vm.box = "bento/centos-7.2"
 
  config.vm.define :server1 do |server|
    server.vm.synced_folder "C:/ansible_test/syncCode", "/home/vagrant/Code"
    server.vm.hostname = "server1"
    server.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"
  end
 
  config.vm.define :server2 do |server|
    server.vm.hostname = "server2"
    server.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.11"
  end
end

ホストマシン上の「C:/ansible_test/syncCode」とゲストマシン上の「/home/vagrant/Code」を同期させています。これにより、ホストマシン上のエディタでansibleのソースを編集することができます。

ゲストマシンを立ち上げます。

vagrant up

2. 仮想マシンにログイン

vagrant ssh server1

3. Pythonのバージョン確認

Ansibleの実行サーバーには、Python2.6 or 2.7がインストールされている必要があります。
Ansibleの操作対象サーバーには、Python2.4以上がインストールされている必要があります。
※最新の情報は以下から確認できます。
https://docs.ansible.com/ansible/intro_installation.html

CentOS7.2ですと、デフォルトでPython2.7がインストールされていました。
ansible_install2

4. EPELリポジトリを追加

Ansibleは、EPELリポジトリからインストールします。CentOS7では、下記コマンドを実行するだけで、EPELリポジトリを追加できます。

sudo yum install epel-release

5. Ansibleをインストール

sudo yum -y install ansible

6. 確認

インストールできたことを確認します。

ansible --version

ansible_install3

7. ssh接続準備

「ansible実行サーバー」から「操作対象サーバー」にansilbeを実行するためにはssh接続ができる必要があります。

1. 秘密鍵と公開鍵のペアを作成

ssh-keygen -t rsa

ansible_install4
試験用なのですべてEnterとしました。

2. 公開鍵を操作対象サーバーに登録

ansible_install5
パスワードは「vagrant」です。

8. ansible実行

操作対象サーバーにansibleを実行してみます。

ansible 192.168.33.11 -m ping

ansible_install6
警告がでました。ansibleの実行を許可するサーバを「/etc/ansible/hosts」に記述する必要があるようです。

sudo vi /etc/ansible/hosts

下記内容を追記しました。

192.168.33.11

再度、ansibleを実行してみます。
ansible_install7

スポンサーリンク