Dockerコンテナ全削除、イメージ全削除

Tag:

あまり実行する機会はないですが、Dockerコンテナ全削除、イメージ全削除を行う方法について紹介します。

削除手順

イメージを全削除するには、依存するコンテナを削除する必要があります。
コンテナを全削除するには、稼働中のコンテナを停止する必要があります。

よって、以下手順となります。

1. コンテナを全停止

docker container stop $(docker container ls -aq)

# docker-composeでのみ動かしている場合は以下でもOK
docker-compose stop

2. コンテナを全削除

docker container rm $(docker container ls -aq)

3. イメージを全削除

docker image rm $(docker image ls -q)

動作確認

実際にやってみます。

コンテナとイメージは以下状態です。

イメージに依存するコンテナが存在する場合、イメージは削除できません。

稼働中のコンテナは削除できません。

コンテナを停止します。

コンテナを停止したので、削除できました。

依存するコンテナを削除したので、イメージも削除できます。中間ファイルも削除してますね。

スポンサーリンク