GitHub 利用イメージ

Tag:

GitHubで使われる用語やブランチモデルについて大まかに取り上げます。

用語関連

github_image

fork

他の開発者のリポジトリを複製して、自分のアカウント内に作成する。

PullRequest

変更の取り込み依頼をする。

2つのパターンがある。
・オリジナルリポジトリにPullRequest
・ブランチから別ブランチにPullRequest

依頼があった場合の対応
1. マージする。
マージ後の対応
・リモートリポジトリでは、トピックブランチを削除。
・ローカルリポジトリでは、masterブランチに切り替えてpull。トピックブランチを削除。

2. マージしない。コメントを付けて返信。
マージ拒否のコメントが付けられたときの対応
・ローカルのトピックブランチ上で再修正してコミット。リモートのトピックブランチにpushすることでPullRequestも上書きされる。

PullRequestの流れ

1. トピックブランチを選択して、「New Pull request」をクリック

2. PullRequestの内容を記述


1. タイトル(デフォルトで最新のコミットメッセージが入力されている)
2. 内容
3. レビューする人
4. 担当者

編集後、[Create pull request]をクリックします。作成されたPullRequestは、[Pull requests]タブ上で確認できます。

3. PullRequestの確認

PullRequestのページは以下のようになっています。

1. PullRequestを作成する際に記述したPullRequestの内容が表示されます。
2. 変更があったファイルを確認できます。行ごとにコメントを残すことができます。
3. PullRequestに問題なければ、このボタンをクリックすることでマージされます。

4. マージ後、ブランチ削除

[Delete branch]をクリックすることでブランチを削除できます。

commit

誰が、いつ、どのような変更をしたか記録する。
Issueと関連付けもできる(#Issue番号)。

Milestone

期限を設定

Issue

課題を設定

マークダウンファイル

.md拡張子のファイルはマークダウン形式で記述できます。仕様書など残すのに便利です。マークダウンの書き方については以下ページで確認できます。
Mastering Markdown · GitHub Guides

ブランチモデル

Git Flow

5つのブランチを利用
git_flow
・feature:機能の実装・修正。developブランチにPull Request。
・develop
・release:リリースするための作業(READMEなどの修正)。
・master
・hotfix:緊急度の高いバグ修正。

GitHub Flow

2つのブランチを利用
・トピック:追加機能や修正内容が読み取れるブランチ名にする。
・master:常にデプロイできる状態にする。

図解:http://qiita.com/tbpgr/items/4ff76ef35c4ff0ec8314

ローカル環境との連携

最初からGitHUBで管理する場合

1. GitHUBでリポジトリ作成
2. リモートリポジトリのcloneをローカル環境に作成

私はWebアプリの開発をvagrant上で行うことが多いのですが、ホストマシンとゲストマシンの共有フォルダをドキュメントルートにしています。そのため、cloneも共有フォルダ上に作成することが多いです。

ローカルリポジトリを途中からGitHUBで管理する場合

1. ローカルでgitを使ってソース管理している
2. GitHUBでリポジトリ作成
3. ローカルでリモートリポジトリを登録
4. ローカルの内容をリモートリポジトリに送信
詳しいやり方は下記ページで紹介されていました。
ローカルでgitを使用した後、gitHubに登録する方法 – Qiita

新規でLaravelを利用した開発をするとき

私がLaravelで新規開発するときの手順です。

1. GitHUBでリポジトリ作成

2. ローカルでLaravelインストール
vagrantを利用しているのですが、ホストマシンとゲストマシンの共有フォルダ上で下記コマンド実行します。

composer create-project laravel/laravel --prefer-dist 

3. リモートリポジトリにPUSH
ローカルリポジトリを作成後、手順1で作成したリモートリポジトリを指定してPUSHします。

cd laravel
git init
git add .
git commit -m "first commit"
git remote add origin https://github.com/ユーザ名/プロジェクト名
git push origin master

4. その他の作業

IDEでインストールした既存ソース(Laravel)からプロジェクト作成
DocumentRoot調整
composer.json調整
.env調整
.gitignore調整

スポンサーリンク