設定情報の取得

Tag:

envデータとconfigデータの取得方法です。

.envデータ取得

envヘルパー関数でenvデータを取得できます。

$xxx = env('APP_LOG');

// デフォルト値指定
$xxx = env('APP_LOG', 'single');

configデータ取得

configヘルパー関数でconfigデータを取得できます。

$value = config('app.timezone');

// デフォルト値指定
$value = config('app.timezone', $default);

キャッシュ

設定情報のキャッシュを作成して、設定データのローディングを速くすることができます。

キャッシュの作成は以下のようにします。

php artisan config:cache

bootstrap/cache/config.phpが作成されます。

キャッシュの削除は以下のようにします。

php artisan config:clear
※注意
プログラム内でenv()の関数を利用していると、キャッシュ作成によって不具合を引き起こします。
キャッシュ(bootstrap/cache/config.php)が存在する場合、env()の値は空になるためです。

スポンサーリンク