Macの開発環境で利用するアプリ

Tag:

個人的にMac上で開発する際に利用しそうなアプリについて書いています。

Homebrewでインストール

事前に、Homebrew、Homebrew Caskをインストールしておいてください。
インストール方法は、下記ページで紹介してます。
Mac : Homebrewでパッケージ管理 | DN-Web64

アプリ 説明 インストール
python ansibleなどで利用 インストール済
「python -V」でバージョン確認
ruby sassなどで利用 インストール済
「ruby -v」でバージョン確認
ansible プロビジョニングツール brew install ansible
git バージョン管理 brew install git
wget ファイルをダウンロード brew install wget
curl ファイルをダウンロード brew install curl
tree ディレクトリ構造をツリー形式で表示 brew install tree
nkf 文字コードを確認 brew install nkf
mysql brew install mysql
php brew install homebrew/php/php70
mcrypt brew install homebrew/php/php70-mcrypt
composer PHP向けのパッケージ管理ツール brew install composer
node.js gulpなどで利用。
パッケージ管理ツールのnpmも付随。
brew install node
imagemagick 画像を操作。フォーマット、ぼかし、回転、サイズ変更などできる。 brew install imagemagick
exiftool 画像ファイルのexifを読み書きするツール。 brew install exiftool
java JDK brew cask install java
firefox ブラウザ brew cask install firefox
google-chrome ブラウザ brew cask install google-chrome
skype 無料通話 brew cask install skype
adobe-reader PDFの閲覧 brew cask install adobe-reader
slack チャット brew cask install slack
flux f.lux。ブルーライトをカット brew cask install flux
skitch 画像キャプチャ、描画。
代替ソフトとしてMonosnap。
brew cask install skitch
dropbox ファイル共有 brew cask install dropbox
phpstorm IDE brew cask install phpstorm
virtualbox 仮想化ソフトウェア brew cask install virtualbox
vagrant 仮想マシン立ち上げツール brew cask install vagrant
docker docker for mac brew cask install docker
cyberduck SFTPクライアント brew cask install cyberduck
atom エディタ brew cask install atom
sequel-pro mysqlクライアント brew cask install sequel-pro
mysqlworkbench ER図確認 brew cask install mysqlworkbench
The Unarchiver 圧縮解凍 brew cask install the-unarchiver
balsamiq-mockups 手書き風モックアップ作成 brew cask install balsamiq-mockups
homebrew-services servicesコマンドを使うため brew tap homebrew/services
上記全てのインストールコマンド
brew install ansible
brew install git
brew install wget
brew install curl
brew install tree
brew install nkf
brew install mysql
brew install homebrew/php/php70
brew install composer
brew install node
brew install imagemagick
brew install exiftool
brew cask install java
brew cask install firefox
brew cask install google-chrome
brew cask install skype
brew cask install adobe-reader
brew cask install slack
brew cask install flux
brew cask install skitch
brew cask install dropbox
brew cask install phpstorm
brew cask install virtualbox
brew cask install vagrant
brew cask install docker
brew cask install cyberduck
brew cask install atom
brew cask install sequel-pro
brew cask install mysqlworkbench
brew cask install the-unarchiver
brew cask install balsamiq-mockups
brew tap homebrew/services

mysqlインストール後

mysql_secure_installationを実行します。下記ページで取り上げてます。
MySQL : CentOS7にMySQL5.7をインストール | DN-Web64

mysqlを自動起動するように設定します。

brew services start mysql

my.cnfの位置は以下の通り。

$ mysql --help|grep my.cnf
                      order of preference, my.cnf, $MYSQL_TCP_PORT,
/etc/my.cnf /etc/mysql/my.cnf /usr/local/etc/my.cnf ~/.my.cnf 

左から順に読まれます。

phpインストール後

bashを使っているのであれば「~/.bashrc」に下記内容を記述します。

export PATH="$(brew --prefix homebrew/php/php70)/bin:$PATH"

「~/.bash_profile」の最後でbashrcを読み込むようになっていることを確認しておきます。

test -r ~/.bashrc && . ~/.bashrc

Node.jsのインストールについて

Homebrewではなく、nodebrewというものでインストールしほうが良い場合もあります。下記ページで紹介されていました。
nodebrewを使ってMac OSX環境のNode.jsを管理する

パッケージ追加

Rubyのパッケージ追加

gem:rubyのパッケージ管理ツール

sudo gem update --system
sudo gem install sass
sudo gem install compass
sassは、gulp-sassを使う場合は必要ないが、gulp-ruby-sassを使う場合は必要。

Node.jsのパッケージ追加

npm:サーバーサイドパッケージ管理ツール
bower:クライアントサイドパッケージ管理ツール

node --version
npm --version

# npmを最新にする
npm install -g npm@latest
npm --version

npm install -g bower
npm install -g gulp

Atomのパッケージ追加

apm:Atomのパッケージ管理ツール

# 矩形選択
apm install sublime-style-column-selection

# 閉じ括弧
apm install bracket-matcher

# 日本語
apm install japanese-menu

git関連の設定

1. gitの初期設定をします。

git config --global user.name "username"
git config --global user.email mailaddress

2. 秘密鍵、公開鍵を生成

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C mailaddress

3. 生成した公開鍵をGitHUBに登録
GitHUBにログインします。下記コマンドで公開鍵をコピーして、GitHUB上で貼り付けます。

pbcopy < ~/.ssh/id_rsa.pub

4. 接続確認

ssh -T git@github.com

毎回秘密鍵のパスフレーズを聞かれるのが面倒な場合、ssh-agentを利用します。ssh-agentについては、下記ページで取り上げています。
ssh-agentを利用してパスフレーズを省略 | DN-Web64

その他

・個人的にIllustrator, Excelなども使います。
環境構築をAnsibleで自動化する方法もあるようです。

スポンサーリンク