CentOS7にMySQL5.7をインストール

Tag:

CentOS7にMySQL5.7をインストールする手順を紹介します。

MariaDBを削除

CentOS7ではデフォルトでMariaDBが導入されています。もしMariaDBがインストールされていたら、下記コマンドで削除しておきます。

sudo yum remove mariadb-libs
※MariaDB
MySQLをフォークして開発されているプロダクト

MySQL5.7をインストール

下記コマンドでMySQL5.7をインストールします。

wget -P /tmp http://dev.mysql.com/get/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
sudo yum install /tmp/mysql57-community-release-el7-7.noarch.rpm
sudo yum install mysql-community-server

無事インストールできたか確認します。

mysqld --version

mysql5-7

MySQLを起動

下記コマンドでMySQLを起動させます。

sudo systemctl start mysqld

mysql5-7_2

下記コマンドでMySQLの自動起動設定をします。

sudo systemctl enable mysqld

mysql5-7_3

補足

# 起動状態確認
systemctl status mysqld

# 起動
systemctl start mysqld

# 停止
systemctl stop mysqld

# 自動起動設定状態確認
systemctl is-enabled mysqld

# 自動起動設定
systemctl enable mysqld

# 自動起動設定解除
systemctl disable mysqld

mysql_secure_installationの実行

mysql_secure_installationを実行して最低限のセキュリティ設定を行います。

mysql_secure_installationを実行する前に、MySQLのrootユーザーのデフォルトパスワードを確認します。下記コマンドで確認できます。

sudo cat /var/log/mysqld.log |grep 'temporary password'

mysql5-7_4
上記例では、デフォルトパスワードが「l38hi7Uowo%j」となっています。

mysql_secure_installationを実行します。

sudo mysql_secure_installation

mysql5-7_5

新しいパスワードは、8文字以上で「英大文字・小文字・数字・記号」を含むようにしてください。

mysql_secure_installationを実行して下記変更を行いました。

rootユーザーのパスワード変更
anonymousユーザーの削除
リモートホストからrootログイン禁止
testデータベース削除
privilegeテーブルをリロード

スポンサーリンク