NetBeans作業効率を高めるおすすめプラグイン

Tag:

「QuickOpener」「Zen Coding」など作業効率を高めるおすすめプラグインを紹介します。

NetBeansのプラグイン情報については、http://plugins.netbeans.org/PluginPortal/で確認できます。

では、さっそくおすすめプラグインについて紹介します。

QuickOpener

QuickOpenerを使うと下記操作が楽になります。

  • コマンドプロンプトを開き、編集中のファイルが存在するディレクトリに移動する。
  • エクスプローラを開き、編集中のファイルが存在するディレクトリに移動する。
  • 編集中のファイルのパスをコピーする。

さっそくプラグインをインストールします。[ツール]-[プラグイン]-[使用可能なプラグイン]という順に選択すると、下記のような画面になると思います。
netbeans_plg2
QuickOpenerを選択してインストールします。

インストールするとツールバーにQuickOpenerのボタンが追加されます。
netbeans_plg3
左から順に

  • コマンドプロンプトを開く。
  • エクスプローラを開く。
  • 編集中のファイルのパスをコピーする。

といった操作をすることができます。

Show path in titlebar

Show path in titlebarをインストールするとタイトルバーにファイルパスを表示することができます。

インストール前
netbeans_plg4
インストール後
netbeans_plg5

ちなみに、このプラグインとは関係ないですが、ファイルのフルパスはタブにマウスポインタを合わせることで確認することもできます。
netbeans_plg1

Zen Coding

Zen Codingを使うとHTML、CSSの記述が楽になります。

例えば、

div#footer

と入力して「Ctrl + Alt + N」を押すと、

<div id="footer"></div>

に展開されます。その他、便利な記述について紹介します。

展開前 展開後
link:css
<link rel="stylesheet" type="text/css" href="${1:style}.css" media="all" />
link:favicon
<link rel="shortcut icon" type="image/x-icon" href="favicon.ico" />
div#name
<div id="name"></div>
div.name
<div class="name"></div>
div#name.one.two
<div id="name" class="one two"></div>
table>tr>td
<table>
    <tr>
        <td></td>
    </tr>
</table>
p*3
<p></p>
<p></p>
<p></p>
ul>li*5
<ul>
    <li></li>
    <li></li>
    <li></li>
    <li></li>
    <li></li>
</ul>
ul+
<ul>
    <li></li>
</ul>
dl+
<dl>
    <dt></dt>
    <dd></dd>
</dl>
table+
<table>
    <tr>
        <td></td>
    </tr>
</table>

この他の記法やCSSの記法については、http://docs.emmet.io/cheat-sheet/などで確認できます。

スポンサーリンク