Selenium IDEの使い方

Tag:

Seleniumは、ブラウザ操作のテストを自動化しくれるオープンソースソフトウエアです。ここでは、Selenium IDEのインストールを行い、ブラウザ操作の記録・再生を行う方法について紹介します。

基礎知識

Selenium IDEとは?
・Firefoxのアドオン。
・ブラウザ操作を記録してSeleniumスクリプトを生成・実行できる。
・作成したスクリプトからSelenium WebDriverのスクリプトを生成(エクスポート)できる。

Seleniumには、Selenium RC(Selenium1)Selenium WebDriver(Selenium2)というものがあります。Selenium RCは、JavaScriptを埋め込んでブラウザ操作するのに対し、Selenium WebDriverは、ブラウザの拡張機能やOSのネイティブ機能などを利用してブラウザ操作するようです。現在Selenium WebDriverが定着しているため、Selenium RCを使うことはないかと思います。

Selenium IDEをインストール

1. Seleniumのダウンロードページ(http://www.seleniumhq.org/download/)にアクセスします。

Selenium IDEに関する記述をみるとSelenium IDEについては「addons.mozilla.org」でダウンロードできるようです。
selenium_ide

2. https://addons.mozilla.org/en-US/firefox/addon/selenium-ide/にアクセスします。(Firefoxで開いてください)

3. [Add to Firefox]をクリックします。
selenium_ide2

4. インストール完了後、Firefoxを再起動します。
[ツール]に[Selenium IDE]が追加されています。
selenium_ide3

5. [Selenium IDE]をクリックすると下記のようにSelenium IDEのウィンドウが開かれます。
selenium_ide4

ブラウザ操作の記録

Selenium IDEのウィンドウを開くとすでにブラウザ操作を記録する状態になっています。

今回は、下記操作を記録してみます。

操作内容
1.「https://www.google.co.jp/」を開く
selenium_ide5
2.「selenium」と入力
selenium_ide6
3. [Google 検索]をクリック
4. [Selenium – Web Browser Automation]をクリック
selenium_ide7

操作を終えたらSelenium IDEウィンドウの右上にあるボタンをクリックします。
selenium_ide8

ブラウザ操作の再生

Selenium IDEウィンドウには、実行した操作が記録されています。
selenium_ide9

再生ボタンをクリックします。
selenium_ide10

先ほど行ったブラウザ操作が再現されるかと思います。上手く成功すると下記のようなログが出力されます。
selenium_ide11

エラーが出た場合

今回の操作の場合、下記エラーが出る場合があります。

[error] Element link=Selenium - Web Browser Automation not found

これは、以下の原因が考えられます。
・検索結果のページに遷移する前に「Selenium – Web Browser Automation」のリンクをクリックする操作が実行された。
⇒左上の実行スピードを調整するスライダーをSlowよりに設定することで解決します。

・操作を記録する際に、キーボードのEnterをクリックして検索結果のページに遷移している。
⇒キーボードのEnterをクリックした場合のテーブルは次のようになります。
selenium_ide12
成功したときのテーブルと比べると、clickコマンドが無いですね。マウスで[Google 検索]をクリックして検索結果のページに遷移するようにしてください。

・検索順位が変動して検索結果に「Selenium – Web Browser Automation」のリンクが表示されなくなった。

スポンサーリンク