SHOWコマンドでDBに関する情報を取得

Tag:

SHOWコマンドでDBの状態(DBの一覧、テーブルの一覧、カラム情報、設定情報など)を確認することができます。

データベースの一覧を表示

書式
SHOW DATABASES [like_or_where]
実行例
mysql_show1

テーブルの一覧を表示

書式
SHOW TABLES FROM データベース名 [like_or_where]
実行例
mysql_show2

テーブルの詳細情報を表示

書式
SHOW TABLE STATUS FROM データベース名 [like_or_where]
実行例
mysql_show3

カラムの情報を表示

書式
SHOW COLUMNS FROM テーブル名 FROM データベース名 [like_or_where]
実行例
mysql_show8

実行中のプロセス一覧を表示

書式
SHOW PROCESSLIST
実行例
mysql_show4

接続中ユーザの権限情報を表示

書式
SHOW GRANTS
実行例
mysql_show5

統計情報を表示

書式
SHOW [GLOBAL | SESSION] STATUS [like_or_where]

SHOW GLOBAL STATUSは、MySQLサーバを起動してから今までの総計です。
SHOW STATUS(または、SHOW SESSION STATUS)は、接続時からの総計です。
「FLUSH STATUS」でカウンタを一部リセットすることができます。

実行例
mysql_show6

ここでは、Threads_connected(現在の接続数)が最大接続数設定に近づいてないかなどの確認をします。

設定情報を表示

書式
SHOW [GLOBAL | SESSION] VARIABLES [like_or_where]
実行例
mysql_show9

スポンサーリンク