WindowsからMacに切り替えるうえで知っておきたいこと

Tag:

いままでWindowsを利用してきた人がMacを使う上で押さえておくと良いなと思うポイントを書いてます。

※検証環境
・MacBook Air
・OSは「macOS Sierra」

OSの歴史

リリース日 Mac Windows
2009/10 Windows 7
2009/08 Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
2011/07 Mac OS X 10.7 Lion
2012/07 OS X 10.8 Mountain Lion
2012/10 Windows 8
2013/10 Windows 8.1
2013/10 OS X 10.9 Mavericks
2014/10 OS X 10.10 Yosemite
2015/07 Windows 10
2015/09 OS X 10.11 El Capitan
2016/09 macOS Sierra 10.12

MacのOSアップグレードは、システム条件が満たされていれば無料で行えるようです。

基本操作

基本的な操作は、「トラックパッド」と「ショートカットキー」を利用してできます。

トラックパッド

操作 ジェスチャ
マウスの左クリック 1本指でタップ
マウスの右クリック 2本指でタップ
フルスクリーンアプリケーション間をスワイプ 4本指で左右にスワイプ
カレンダーなどの通知センターを表示 2本指で右端から左にスワイプ
Mission Control表示 4本指で上にスワイプ
Launchpad表示 親指と3本指でピンチ
表示中のウィンドウを退けてデスクトップを表示 親指と3本指で広げる
文字列選択 ・親指でトラックパッドの下部をクリックしながら他の指で文字列を選択
・3本指で触れて範囲を指定
・[クリック]で開始を指定して、[shift + クリック]で終了を指定
調べる 3本指でタップ
ウィンドウの移動 ウィンドウ枠を3本指でタップしながら移動
ファイルのドラッグ&ドロップ 対象のファイル上にて、親指でトラックパッドの下部をクリックしながら他の指で移動させる

[システム環境設定]-[トラックパッド]でジェスチャの確認、設定変更ができます。

ショートカットキー

まず、基本として、
Windowsの「Ctrl」と役割が似ているのが「command」であり、
Windowsの「Alt」と役割が似ているのが「option」であるようです。

また、F7などを「ファンクションキー」として利用する場合は「Fn」と一緒に押す必要があります。

以下、主なショートカットキーです。

操作 Mac Windows
コピー command + C Ctrl + C
カット command + X Ctrl + X
貼り付け command + V Ctrl + V
ファイルの保存 command + S Ctrl + S
操作の取り消し command + Z Ctrl + Z
操作のやり直し shift + command + Z Ctrl + Y
ファイル名変更 ファイルを選択してenter ファイルを選択してF2
フルスクリーン表示 control + command + F
(対応してないアプリもある)
ブラウザとかであればF11
画面全体のスクリーンショット command + shift + 3 Ctrl + PrintScreen
選択範囲のスクリーンショット command + shift + 4
メニューや画面単位のスクリーンショット command + shift + 4 + space Alt + PrintScreen
アプリケーション切替 command + Tab Alt+Tab
ファイル名を指定して実行 control + Space Win + R
タスクマネージャー表示 option + command + esc Ctrl + Shift + Esc
日本語/英語切替 英数, かな
または
command + space
半角/全角
ブラウザの開発者ツールを開く command + option + I F12
ブラウザ更新 command + R F5
隠しフォルダ、ファイルを表示 command + shift + .

アプリケーションごとのショートカットをすぐに確認することができる「CheatSheet」というものがあります。CheatSheetをインストールすれば、「command」を長押しするだけで現在起動しているアプリのショートカット一覧を確認できます。

ショートカット一覧表には以下のような記号が使われます。

記号 キー
command
option
shift
control

バックスラッシュの入力方法

「option + \」で入力できます。

フォルダ、ファイル

Windowsでいう「エクスプローラー」をMacでは「Finder」というようです。よく使うフォルダは[移動]で表示できます。

Finderウィンドウのサイドバーには、フォルダを追加することができます。追加するには、追加したいフォルダを開いた状態で[ファイル]-[サイドバーに追加]をクリックします。

デスクトップ配下に「inbox」「projects」「archives」というフォルダを作成して、サイドバーに登録してみました。

現在のフォルダからターミナルを開く

[システム環境設定]-[キーボード]-[ショートカット]をクリックします。

「フォルダに新規ターミナル」「フォルダに新規ターミナルタブ」にチェックを入れます。

すると、目的のフォルダを右クリックしてターミナルを開くことができます。

アプリの起動、切替、終了

起動

方法1
全てのアプリが登録されているLaunchpad上から起動
方法2
よく使うアプリが登録されているDock上から起動

ログイン時自動起動

[システム環境設定]-[ユーザとグループ]をクリック後、ログイン項目タブで自動起動するアプリを登録できます。

切替

方法1
「command + tab」
方法2
Mission Controlを開いて目的のウィンドウを選択
方法3
トラックパッド上で「4本指で左右にスワイプ」

終了

Windowsとは違い、ウィンドウを閉じるだけではアプリは終了しません。メニューバーに終了させたいアプリが表示されている状態で「command + Q」を押すと終了します。

周辺機器

スポンサーリンク