1日をだらだら過ごさないためにどうしたらいい?

Tag:

つい気を抜くとやりたいことがあるはずなのに、何もできず、1日をだらだらして過ごしてしまうときがあります。そうならないために私が気をつけていることを紹介します。

『1日』というまとまりで考えると時間がありすぎてだらだら過ごしてしまいがちです。なので、次の3つの時間帯に分けて行動するようにしています。

・午前(5:30-12:00)
・午後(12:00-18:00)
・夜(18:00-24:00)
それぞれの時間帯でやることを1つにします。複数のことをやろうとすると上手くいかないことが多いです。

私がスケジュールを立てる際に参考としているベースとなるスケジュールを紹介します。

時刻 作業
午前(5:30-12:00)
5:30(起床)
 |
■目覚めたらすぐに着替える
パジャマなどだらけた服装のままだと気持ちが引き締まりません。目覚めたら、すぐに顔を洗い、着替えます。
6:30
 |
前日に予定していた作業をします。スタートが大事です。ネットサーフィンやテレビなど見てしまうとそのままだらだら引きずってしまいやすくなります。やる気がでないときは、書く、声を出して読む、目を動かす、体を動かすなどすると脳が刺激されて良いそうです。
午後(12:00-18:00)
12:00
 |
昼食を取りますが、午後も頭を使う作業をする場合は、食べ過ぎ注意。食べ過ぎると眠気に勝てません。
13:00
 |
午後は集中力が下がるので、買い物に行ったり、趣味に時間をあてることが多いです。
夜(18:00-24:00)
18:00
 |
夕食。
19:00
 |
パソコンを使う作業はなるべくこの時間帯で終わらせると良いそうです。

私は、パソコンがないと話にならないので、使いますが、、、

21:00
 |
この時間帯にパソコンを利用すると神経が興奮した状態で就寝することになるので、なるべくパソコンを利用しないようにすると良いそうです。

私は、パソコンがないと話にならないので、使いますが、、、!!!

23:00
 |
■明日の予定作成と準備
明日やることを付箋紙に書き出します。
 |
24:00(就寝)
就寝

キーポイント

特に気を付けていることは、『朝一番の作業で予定外のことをしない』と『夜寝る前に次の日の準備をすること』です。この2つがきちんとできた日は、充実した1日を過ごすことができている気がします。
 
また、作業をする中で次のことも意識するといいと思います。

■視覚化する
複雑なことを整理したいとき、情報を知識として自分のものにしたいときには、紙に書きだすなど視覚化する作業から始めるようにしています。効率化ばかりを考えていると書くという作業が無駄に感じるときがあります。しかし、読んでいるだけ、頭で考えているだけでは、すぐに忘れてしまいがちです。

■集中できる環境を作る
スマホは気が散る原因です。集中したい日はスマホの電源を落とすのもいいかもしれません。また、近所で予定が済むなら持ち歩く必要もないと思います。

■いつもと違う事をする
行動や場所など普段と少しでも違う事をしてみると、いい刺激が得られます。

スポンサーリンク