フリーランスのお金の管理方法と仕訳

Tag:

「事業で使うお金」と「プライベートで使うお金」をしっかりと分けることで仕訳の負担が軽減されます。ここでは、仕訳の負担を軽減させるためのお金の管理方法と主な仕訳について取り上げます。

お金の管理方法

まず、お金を管理する方法のイメージを示します。

銀行口座、クレジットカード、財布、Suicaを「事業用」と「プライベート用」に分けています。

銀行口座に関しては、
①が収入用、
②が支出用(事業)
③が支出用(プライベート)、
となります。

仕訳が必要なのは、事業の丸枠で囲まれた箇所だけとなります。

MFクラウドなどのサービスを利用すると取引の自動入力が行えます。上記のように事業とプライベートを区分けしている場合、以下の取引をクラウドサービスに登録するとよいかと思います。

収入用の口座
事業の支出用の口座
事業のクレジットカード
Amazon

国民年金、国民健康保険は、控除にはなりますが、経費にはならないのでプライベートの口座から支払うようにすると良いです。

Amazonでクレジットカードを利用して購入する場合、「事業用」と「プライベート用」で支払い方法を切り替えて行うように注意します。

主な仕訳

先ほど示したイメージ図のように、「事業用」と「プライベート用」をしっかりと区分けしたときに使える仕訳の考えかたについて示します。

「収入用口座」から「プライベート用の口座」へ振込

借方 貸方
事業主貸 100,000 現金 100,000

「収入用口座 銀行A」から「事業用の支出用口座 銀行B」へ振込

MFクラウドなどで自動取込している場合、2つの口座で取引が読み込まれますが、2重仕訳にならないように、どちらかの口座で仕訳をします。

借方 貸方
普通預金 銀行B 100,000 普通預金 銀行A 100,000

「事業用の支出用口座」から現金を引出した

借方 貸方
現金 10,000 普通預金 10,000

交通費

Suicaを事業用の交通費のみに利用している場合、以下のように仕訳できます。

1. 新規で5,000円分のSuicaを購入した。デポジット(保証金)として500円を別途で支払う。(領収書を取っておきます)

借方 貸方
旅費交通費 5,000 現金 5,500
預け金 500

2. Suicaの利用明細を月に1度ぐらいのペースで取っておく。

利用明細は駅の自動発券機で取得できます。最新50件が上限となるので、適当な間隔で取得しておきます。

3. 年度終わりの残額が1,000円だった。

借方 貸方
貯蔵品 1,000 旅費交通費 1,000

4. 翌期首に再度振替ます。

借方 貸方
旅費交通費 1,000 貯蔵品 1,000

Amazonで事業に関連する参考書をクレジットカードで購入

Amazonでクレジットカードを利用して購入したときのケースを取り上げます。

クラウドサービスによる取引の自動取込機能では、クレジットカードでの取引にAmazonで購入したという事実しかわかりません。具体的に何を購入したのかが分からないので後から仕訳しずらくなります。

そこで、Amazonとも連携して、取引を自動取込します。Amazonの方の自動取込では具体的に何を購入したのかが確認できます。

クレジットカード(例. MasterCard)とAmazonの取引を両方とも自動取込している場合、以下のように仕訳できます。

1. クレジットカードで購入したとき

借方 貸方
新聞図書費 2,000 未払金(Amazon) 2,000
未払金(Amazon) 2,000 未払金(MasterCard) 2,000

2. カード決算分が銀行口座から引き落とされたとき

借方 貸方
未払金(MasterCard) 2,000 普通預金 2,000

サーバー代を1年分支払った

例えば、平成28年3月に1年分のサーバー代として12,000円支払ったとします。

この場合、月割して来年度以降の分(平成29年1月,2月)は「前払費用」にします。

借方 貸方
通信費 10,000 普通預金 12,000
前払費用 2,000

短期前払費用の特例というものがあり、支払った日から1年以内に提供を受けるもので、今後も毎期継続して年払いする場合、以下のようにすることもできます。

借方 貸方
通信費 12,000 普通預金 12,000

※参考
短期前払費用の取扱いについて|法人税目次一覧|国税庁

スポンサーリンク